猫島-田代島を視察②

2024年3月20日

【石巻中央発着所(乗船場)〜田代島】

中央発着所に到着すると、係の方から衝撃の一言が。

 “強風の影響で波が高く、この後の便はまだ就航するか分かりません。”

思わず “えーーーー!!!”と声が出てしまいましたが、こればっかりは仕方ありません。

しかも、仮に往路は就航しても、復路が出るかどうかはわからないとのこと。

ちなみに、日帰りで田代島を訪れる際には以下のパターンがあります。


【パターン1】
往路 シーキャット2便 石巻(中央9:00門脇9:10)→田代島(大泊9:36仁斗田9:44)

復路 シーキャット3便 田代島(仁斗田13:55大泊14:02)→石巻(門脇14:33中央14:40)

【パターン2】
往路 シーキャット2便 石巻(中央9:00門脇9:10)→田代島(大泊9:36仁斗田9:44)

復路 マーメイド4便 田代島(仁斗田15:30大泊15:35)→石巻(門脇16:20中央16:27)

【パターン3】
往路 マーメイド3便 石巻(中央12:30門脇12:42)→田代島(大泊13:24仁斗田13:34)

復路 マーメイド4便 田代島(仁斗田15:30大泊15:35)→石巻(門脇16:20中央16:27)


1番長く滞在できるのはパターン2ですが、私の場合は新幹線の時間の兼ね合いで、パターン3を選ぶことに。料金は往復で2,500円。
※もし宿泊する場合には、あらかじめ宿泊場所を乗船名簿に記載しなければなりません。そして、当日の予約は不可とのことなので注意が必要です。

中央発着所にて、とにかく船が動くことを祈りつつ、待つこと数十分。

案内の方がアナウンス。

“就航が決定しました〜”

“わ〜〜〜〜い、わ〜〜〜〜〜い”

ただし、船は相当揺れるとのこと。そして、大泊港は波が高くて接岸できないので、仁斗田港の利用となりました。

そして、潮の満ち引きの関係で、中央発着所からは出港できないので、門脇へ陸路で移動するとの案内を受けました。

移動は船会社の乗用車にて連れて行ってもらえました。車で5分程度の距離ですが、お客さんは15名以上いて、何度も往復なので大変です。

【石巻門脇発着所(乗船場)〜田代島】

いよいよ、乗船〜〜!!!

シーキャットは高速船なので乗船時間は多少短いのですが、マーメイドはフェリーなので、シーキャットより15分ほど乗船時間が長くなります。

石巻港を出港すると、早速いや〜な揺れが。

ゆったりとしてはいますが、船よりも波の方が大きい感覚が。

でも、それもそのはず。

東北地方は湾になっておらず、港を出たら基本的にはすぐに太平洋です。

石巻港周辺の波は多少高く感じたものの、その後は思ったよりも平気でした。

それでも乗客は全部で20名ほどでしたが、そのうち何名かは船酔いっぽい感じの人もいました。

いよいよ田代島へ。

つづく。


SiriusCat.org

© 2023 一般社団法人シリウスキャット