コンプライアンス

反社会的勢力に対する基本方針

一般社団法人シリウスキャットは、実質的支配者*および役職員が暴力団員(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条第6号)又は国際テロリスト(国際連合安全保障理事会決議第1267号等を踏まえ我が国が実施する国際テロリストの財産の凍結等に関する特別措置法第3条第1項の規定により公告されている者若しくは同法第4条第1項の規定による指定を受けている者)のいずれにも該当しないことを宣誓します。また、以下の基本方針を定め、メンバー一同これを遵守し、業務の適切性と安全性の確保に努めます。

*実質的支配者とは出資、融資、取引その他の関係を通じて、設立する法人の事業活動に支配的な影響力を有する自然人となるべき者(犯罪による収益の 移転防止に関する法律施行規則(以下「犯収法施行規則」という。)11条2項3号ロ参照)、または設立する法人を代表し、その業務を執行する自然人となるべき者(犯収法施行規則11条2項4号参照)を言います。

取引を含めた一切の関係遮断
反社会的勢力に対しては、取引を含めた一切の関係遮断を行います。

裏取引や資金提供の禁止
反社会的勢力との裏取引、反社会的勢力への資金提供は絶対に行いません。

組織としての対応
反社会的勢力に対しては、社内規定等に明文の根拠を設け、経営トップ以下、組織全体として対応します。また、反社会的勢力への対応を行う従業員の安全を確保します。

外部専門機関との連携
反社会的勢力による被害を防止するために、警察・暴力追放運動推進センター・弁護士等の外部専門機関と連携し、組織的かつ適正に対応します。

有事における民事と刑事の法的対応
反社会的勢力による不当要求を拒絶し、必要に応じて民事および刑事の両面から毅然とした法的対応を行います。

一般社団法人シリウスキャット
Sirius Cat Organization

© 2021 一般社団法人シリウスキャット