CIC(Certified Individual Cat ™)

CIC

CIC

Certified Individual Cat

サーティファイド・インディビジュアル・キャット
公認個人猫

集団ではなく、個人で管理飼育されている猫として登録された猫に付与される称号です。


申込手続をする

調査シートの提出

称号CICの申込資格

称号を得るのに、学位や血統は必要ありません。ただ、申込をする猫に対する “深い愛情と理解” のみです。

何か特別な準備は必要ありません。

必要なのは、あなたと猫で共に過ごした時間と様々な経験を思い出し、それを表現することだけです。

CIC個人(1人)で管理飼育されている猫が登録できます。


特徴

CICは管理飼育者が1名で足りるため、登録しやすい称号と言えます。

例えば、一人暮らしの方でも、申請いただけます。


称号を得るまでのステップ

1. 調査シートを確認します。

2. 申込料を決済します。

3. 調査シートを提出します。

4. 審査が実施されます。

5. 理事の承認後、証明書(認定証)とともに、称号が付与されます。


申込手続をする

調査シートの提出

CICに関するQ&A

CICの管理飼育者は個人名での登録となり、1名のみの登録となります。複数名での登録はCCCをご検討ください。

可能となります。CICに限らず、猫に関する制限はございません。

称号全般に関するQ&A

称号を得るのに、試験はありません。調査シートの提出のみです。すべてウェブ上で完結するシステムとなっていますので、どこかの会場などへ出向く必要はありません。

称号の付与の最も根本的なベースにあるのは、個々の猫をきちんと理解しているかどうかとなります。猫の個性を含めて、識別可能かどうかを調査する必要があり、そのための必要十分な量の調査項目となります。

更新料はかかりません。登録時の申込料のみとなります。

管理・飼育者(飼い主)が複数の称号を取得することは可能となりますが、猫1頭につき1称号となります。

クレジットカード(Visa、MasterCard、JCB、American Expressなど)、Apple Pay、Google Payまたは銀行振込(ゆうちょ銀行・GMOあおぞらネット銀行)に対応しております。

決済ページのメモまたはお問い合わせページよりご依頼ください。

再度、調査シートのご提出をお願いいたします。

すでに亡くなってしまった猫も称号の付与と登録が可能です。

現在、猫のみの登録となっております。

管理・飼育者の追加をご希望の場合は問い合わせページよりお申し付けください。

称号間の違いについては、各種詳細ページをご参照ください。ご希望の称号にてお申込みいただいた上で、別の称号の方が適当と判断がなされた場合、その旨を別途お伝えさせていただきます。

有効期限はありません。猫への愛は永久不滅です。

お申し込み後、2週間以内での提出をお願いいたします。

各称号は血統ではありません。登録事項に血統を含めることはできますが、それらはその血統を証明するものではありません。発行される認定証は称号が付与されたことを証明する書類となります。

発行される認定証に記載される言語は、国際的に通用する称号を証明するものとなるため、英語となります。調査シートに記載された内容は、日本語にてSiriusCat.orgのデータベースに登録されます。

室内で飼われている猫でも登録可能です。

血統付きの猫でも登録可能です。

ありません。随時受け付けております。

称号をまとめることはできません。1人1人個性や特徴が異なるため、登録は個別に行なっていただく必要があります。そのため、称号もそれぞれの猫に対して付与されます。

可能です。ボランティア団体の名称等があり、活動実績がある場合、COC (Certified Organization Cat) の登録および称号の付与が想定されます。

名義書換の手続きが必要となります。問い合わせページよりご提出ください。

原則として、称号は永久不滅です。しかし、後日、調査シートへの虚偽記載等が判明した場合には、称号及び認定証の効力は失われます。

免除にはなりません。称号付与に関する調査シートと寄付に関しては別物なので、特別な配慮がなされることはありません。称号付与の可否は、調査シートのみで実施されます。

猫科の動物は必要とあらば "じっと待つ" ことができます。時には寝て待つことも必要です。焦らず、猫と一緒の時間を楽しみ、準備ができたら再度動き出しましょう。

© 2021 一般社団法人シリウスキャット